3D プリンタでDIY赤道儀 – その3(サイクロイダルD原理)

DIY 赤道儀

サイクロイダルドライブの試作ですが、外側のギアケースのサイズがシビアで0.1mm単位でサイズを変えてプリントを繰り返した結果、何とか動作するところまで来ました。

初っ端から先が思いやられる感じでしたが、一番の問題をクリア出来たのでこれからはスムーズに行くと思います。(希望的観測)

1:45 サイクロイダルドライブ

インプット軸を一回転する毎にプラネタリーギアが1歯(ピン)分回転します。よってインプット軸が45回転でプラネタリーギアが反対向きに一回転します。かなり精度に拘ったのでバックラッシュはほとんどない感じです。

次はステッパーモーターを付けて動かす予定です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP