3DプリンタでDIY赤道儀–その17(コスト計算)

DIYサイクロイダル赤道儀

サイクロイダルドライブ赤道儀がほぼ完成したので、その前にコストの計算をしてみることにした。フィラメントの金額を入れるか迷ったけど、スライサーで使用量と金額が出るので細かいもの以外を含めることにする。 その他部品の調達先は、Amazon、モノタロウが全てです。

まずは3Dプリントしたパーツ。スライサー(Cura)でフィラメントリールの値段を入力するとプリントにかかるフィラメントの重さ、長さ、費用を表示してくれる。全部のパーツの重さと金額を表にして集計してみた。

プリントされたものの重さは837g。フィラメント代は、1,745円。改めて印刷時間を計算してみると92時間。2台のプリンターでまる二日掛かっていますね。

忘れてるものもあると思うけど、だいたい合っていると思う。重さ約1,800g。トータル金額は15,317円。流石に1万円とか無理だった。

パーツの仕入れ先をBanggoodやAliExpressにすればもう少し削減できるかな。届くのに時間かかるけど。あとダボピンをアルミ棒を買ってきて自分でカットすれば300円くらいになるから、頑張れば13,000円くらいでいけるかも。

いずれにしても性能次第では凄いコストパフォーマンスになる可能性が!今日も札幌は大荒れ。

関連記事

特集記事

コメント

    • カメラde遊ing
    • 2022.03.06 1:00am

    テストが楽しみですね♪

    • KEN
      • KEN
      • 2022.03.06 11:18am

      ありがとうございます。
      はい、凄い楽しみです。
      しかし、今年の札幌は大荒れです。

TOP
WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com